フリーランスとして活躍出来るIT業界

世界中でITに関する求人が増え、正社員での雇用から契約社員、そして派遣社員等企業の需要に応じた雇用形態を選択が出来る特徴もあります。そしてフリーランスとして活躍出来る仕事でもあり、業務委託等で企業と直接契約をして働くスタイルも人気となっています。フリーランスとして働く場合には、企業へ毎日出向く事なく自宅で仕事が出来る場合もあり、在宅勤務が可能となるケースもあります。そのため、ライフスタイルに合わせた働き方が出来る特徴もあり、女性を中心に人気となっています。必要に応じて企業へ出向き、会議への参加や作業のため出向く事がありますが、頻度はあまり多くありません。何か企業がシステムの導入を検討している場合などに、フリーランスへ仕事が回るケースがありますので、企業の採用担当者やIT担当者とのコネクションがあると、仕事が見つけやすいとも言えます。ご自身の好きなスタイルで働けるフリーランスの仕事を一度検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスIT系技術者としてやっていきたいなら面識ある顧客は大事!

IT系技術者でフリーランスになる場合、会社員時代からのクライアントさんとは繋がっておくのがいいと思います。というか、もっとストレートに言ってしまえば、ちゃんとある程度仕事を確保してからでないと、フリーランスになるべきではないと思いますもん。

というか、IT系エンジニアとして仕事をして生活を成り立たせたいと考えているのならば、いくつか仕事は引っ張ってきた方がいいですよ。今ではインターネット上にて、面識もなにもない相手とも仕事をすることができるとはいえ、それらの仕事の単価ってやはり低めだと思いますもん。

そりゃあそうでしょう。だってクライアントとしても、見ず知らずに相手に仕事を依頼するわけですから、重要でそして高額な案件は最初から任せられないというものでしょう。ですからネット上に出ている仕事は安いものばかりになってしまうわけです。

そこを考えてみましたら、やはり面識あるクライアントさんはキープしておきたいものです。IT系技術者としてフリーランスで末長くやっていきたいと考えているのならばなおさら大事ですよ。

フリーランスIT系技術者ですが自分も自分なところが面倒

フリーランスでIT系の仕事をしていた時に感じたデメリットはやはり「営業も自分で行わなくてはならないところ」でしょう。「当たり前やがな!」というツッコミが飛んできそうなものですが、フリーランスIT技術者になって、収入が増えてそして気楽になったというメリットはあるものの、対人関係については地味にストレスを抱えましたね。

いや「ストレス」と言ってしまうのはちょっと違うかも知れないのですが、人とのやりとりが面倒に感じましたので。これでもっともっと儲かっているのでしたら、営業さんを一人雇うことをしてもよかったのですが、いかんせんフリーランスはいつ仕事がなくなるともわかりませんからね。対人関係が面倒だとは言っても、自分でこなすしかないわけです。

それに、「誰でもいい」というわけではなくて、ある程度IT仕事のことをわかっていないとクライアントさんとの打ち合わせもできないわけですから。しかしそうなりますと、人件費は高くつくわけです。そしてだからこそ「自分がする」となるわけで。そしてそこが面倒に感じてしまいましたね。会社員時代では営業さんがいたわけですから。

月並みですがフリーランスIT系技術者は仕事を選べるところがメリット

IT系仕事でフリーランスにて活動するにしても、「人による」と思います。人によってフリーランスというスタイルが向いている人と向かない人がいると思いますので。

メリットとしては、フリーランスということで、会社にしばられなくてもいいので、「ものすごくやりたくない!」「手間が多いだけで作業量に見合わないじゃん!」「なんでこんな仕事、営業とってきたんじゃ!」と思うような仕事をやらなくていいところは、ものすごく大きな魅力だと思いますよ。

言っては悪いとは思いますけれど、「砂漠に水をまいているかのような仕事」って実際にありますからね。会社となると、そのような仕事だってあるわけです。お給料は固定給でもらえるとはいえ、砂漠に水をまいているかのように、成果を感じられなかったり、ゴール地点が見えないまま走っているかのように感じるようなそんな仕事をしなくてはならない時も、会社員ともなるとありますからね。

とくにIT系技術者はやりがいを求める人も多いですから、そのような仕事はノーセンキューだといものでしょう。フリーランスですと、そんな仕事はまず回ってこないのでそこはメリットだと言えるのではないでしょうか。

IT系のフリーランスのメリットとデメリット

今までは企業に所属して正社員として働くのが主流でしたが、ネットの発達とスマホやタブレットの普及でIT系のフリーランスとして働く人が増えてきています。そこでIT系のフリーランスはどのようなメリットやデメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・IT系のフリーランスのメリット

企業の所属して正社員として働いている時は時間が決められているので自分の都合に合わせる事が出来ません。しかしIT系のフリーランスは24時間いつでも仕事をする事が出来るので自分の都合の時間に働けます。それで仕事とプライベートを両立しやすいのがメリットになります。

・IT系のフリーランスのデメリット

企業に所属して正社員として働いていれば月給制なので収入が安定する事が多いです。しかしIT系のフリーランスは自分で仕事を受注したりするので基本的に歩合制になります。仕事を多く受注すれば稼ぐ事が出来ますが、受注する数が少ないと収入が得られなくなってしまいます。このように収入が不安定な部分があるのがデメリットになります。

フリーランスになっても仕事を頼むと言われたものの

フリーランスになってからも個人的に仕事を頼んでくれる前職の取引先。
とてもありがたいのですが、実は実際にその方とやり取りしていたのは主に営業さんであったため、そこまで親しいというわけではありませんでした。
いざフリーランスになって自分で営業じみたことをやりはじめると、慣れないこともありお付き合いがかなり大変です。
とにかくよく喋るし、注文も多いし、事後処理も面倒。
ああ今まで営業さんが盾になって調整してくれていて、面倒な事務処理は事務員さんがやってくれて・・・と改めて実感する瞬間です。
けれど、フリーランスになると定期的にお仕事をくれる取引先というのはこの上なく大切な存在になります。
衣食住には固定的な費用がかかることを考えると、固定収入は欠かせません。
また、おつきあいを怠らないことで、他の取引先とのコネクションができることがあるため、無碍に全てを断るのも得策と言えません。
なれるまでは大変でしたが、一通りやってみると、フリーランスという「会社」になったことが自信につながっていきます。

フリーランスでの税金のこと

フリーランスだと確定申告を自分でやらねばなりません。
これは避けて通れない宿命です。確定申告するために各種領収書を保存しておき自分で計算しなければなりません。これもあきらめてせっせとおこないましょう。
まめな人だと申告直前に困らないように随時領収書の整理、計算用の資料(Excelなど)を作成などを行えると思います。そうでない人は、申告直前に仕事が超多忙になると大変なことになります。そういう人は、前の投稿で紹介した団体に所属するなど、ある程度人の力を借りるほうがいいとおもいます。その団体だとある程度の計算と、確定申告の作る手助けをしてくれます。無料というわけにはいきません。手間をお金で買うことになりますが仕方ないでしょう。
あと、何が経費にとして認められて何が認められないのかなど、最初からすべてを自分でやろうとすると悩みもでてくると思います。最初のうちは人の手をかりてわかってきたら完全に自分で行うようにするのもいいのではないでしょうか。

フリーランスの仕事の探し方

独立する前から仕事していた会社と引き続き仕事を続ける場合は別ですが、フリーランスのIT技術者が新規の仕事相手を探す方法としては、もちろんIT技術者の仕事を掲載している求人サイトを使うことがあります。普通に派遣などで派遣会社と契約します。とくにかわったことはなく、正社員以外で募集していれば各種求人案件に応募してみるとよいでしょう。フリーランスで契約できるか聞いてみてできるならフリーランスで働くことができます。
それ以外には、フリーランスの人に仕事を紹介し、税金などの指導を行い、お金に困らないよう(次の年の税金に困らないよう)報酬の一部を預かっておくといことをやってくれるいわばフリーランス用の会社的組織があります。今現在もあるのか、やっていることが変わっていないのかは調べていませんので、具体的な名称は書かないでおきますが、調べればすぐ見つかるでしょう。ここが営業も行い仕事を紹介してくれますので、とても助かると思います。ちちろん一定のお金を払うことになります。

 

 

フリーランスのIT事業者へ依頼するときの注意

自社で賄い切れないIT系の業務をフリーランスの事業者に依頼することは決して間違いではありません。コストパフォーマンスも非常に高く融通がきくからです。しかしながら注意すべき事はいくつかあります。なんといってもフリーランスの事業者だけにどれだけの処理能力があるのか、どれだけのスキルを持っているのかをあらかじめ明確にしておかなければなりません。過去の実績や客観的な評価などを参考にしながら決めていかなければなりません。

もちろん、コストパフォーマンスの面でも相見積もりを取った上でフリーランスの事業所を決めていくのがポイントでしょう。そして何よりもインターネットだけで決めるのではなく実際に面談をしてみて信頼できる人物かどうかが大きなポイントになってきます。多少レベルの高い仕事であっても人材が問題なければ何とかしてくれるものだと思います。

ITスキルが1番ですが最終的に成功や失敗を決めるのは人材の力です。

IT系フリーランスのデメリット

IT系フリーランスには、以下のようなデメリットがあります。

一つ目は、「収入が安定しにくい」。
会社員と違って自分で稼ぐ必要があるので、月々の収入は一定しません。ですから、ライターなどの仕事を兼務するというのも、一つの手です。

二つ目は、「営業活動をする必要がある」。
特に、エンジニアやデザイナーの場合、受託案件がメインになってくるので、それには営業活動をするしかありません。知り合いに声をかけたり、ブログでアピールするなど、能動的に動く必要があります。

三つ目は、「勤務時間が限定されることがある」。
これは受託案件にいえることですが、リモートワークOKという案件は少なく、「週5で常駐」というのが大半です。そうなると、会社員とあまり変わらなくなってしまいます。

四つ目は、「事務手続きが増える」。
フリーランスになると、保険や年金の管理を自分でしなければならなくなります。また、税金を納めるための「確定申告」もしなければなりません。