フリーランスIT系技術者ですが自分も自分なところが面倒

フリーランスでIT系の仕事をしていた時に感じたデメリットはやはり「営業も自分で行わなくてはならないところ」でしょう。「当たり前やがな!」というツッコミが飛んできそうなものですが、フリーランスIT技術者になって、収入が増えてそして気楽になったというメリットはあるものの、対人関係については地味にストレスを抱えましたね。

いや「ストレス」と言ってしまうのはちょっと違うかも知れないのですが、人とのやりとりが面倒に感じましたので。これでもっともっと儲かっているのでしたら、営業さんを一人雇うことをしてもよかったのですが、いかんせんフリーランスはいつ仕事がなくなるともわかりませんからね。対人関係が面倒だとは言っても、自分でこなすしかないわけです。

それに、「誰でもいい」というわけではなくて、ある程度IT仕事のことをわかっていないとクライアントさんとの打ち合わせもできないわけですから。しかしそうなりますと、人件費は高くつくわけです。そしてだからこそ「自分がする」となるわけで。そしてそこが面倒に感じてしまいましたね。会社員時代では営業さんがいたわけですから。