フリーランスになっても仕事を頼むと言われたものの

フリーランスになってからも個人的に仕事を頼んでくれる前職の取引先。
とてもありがたいのですが、実は実際にその方とやり取りしていたのは主に営業さんであったため、そこまで親しいというわけではありませんでした。
いざフリーランスになって自分で営業じみたことをやりはじめると、慣れないこともありお付き合いがかなり大変です。
とにかくよく喋るし、注文も多いし、事後処理も面倒。
ああ今まで営業さんが盾になって調整してくれていて、面倒な事務処理は事務員さんがやってくれて・・・と改めて実感する瞬間です。
けれど、フリーランスになると定期的にお仕事をくれる取引先というのはこの上なく大切な存在になります。
衣食住には固定的な費用がかかることを考えると、固定収入は欠かせません。
また、おつきあいを怠らないことで、他の取引先とのコネクションができることがあるため、無碍に全てを断るのも得策と言えません。
なれるまでは大変でしたが、一通りやってみると、フリーランスという「会社」になったことが自信につながっていきます。