IT系フリーランスでやって行くための注意事項

IT系フリーランスとしてやって行くにあたり、いくつかの注意事項があります。

一つ目は、「職種によっては、仕事を取るのが難しいことがある」。

システム開発であれWebデザインであれ、ある程度以上の規模の案件になると「ディレクター」が必要になってきます。

ディレクターがいないと、現場の人間に無駄な負担がかかったり、仕事が全く進まなかったりしてしまうからです。

しかし、それほど重要な職種にもかかわらず、ディレクターの仕事は能力をアピールするのが困難なので、フリーで行うには、かなり名前が知られていなければなりません。

二つ目は、「作業と営業を並行して行う必要がある」。

一つの仕事を片付けてから次の仕事の営業活動をするというやり方だと、収入のない期間が生じてしまいます。

しかし、営業をするといっても、プログラマーやデザイナーが飛び込み営業をするなどというのは無理があります。

ですから、知人や友人から紹介してもらったり、ポートフォリオサイトを作るなどする必要があります。