ITフリーランスになると収入を安定させやすくなるメリットがある

ITフリーランスになると実は収入が安定しやすくなります。多くの人は会社に雇用されている方が安定しているのではないか?と思うかもしれませんが、それはもはやイメージの話です。会社に雇用されているのが安定しているというのは幻想に近く、本来は不安定な状況なのです。それは会社で働いている以上、会社以外からの収入源がほぼ存在しないからです。就業規則の問題や本業以外で時間を確保しづらいという意味で、副業がしづらいのが正社員なので、会社に雇用されている限り、その会社からの収入しかほぼ期待できないので、本来はかなり不安定な生き方なのです。フリーランスは収入が月によって違うということは言えるかもしれませんが、複数の仕事を同時に行いやすく、収入源も1つではなくて複数確保することが正社員よりはしやすいので、実はITフリーランスになると収入が安定しやすい、別の言い方をすると収入が途絶えるリスクは正社員よりも低いということが言える場合があります。会社で働いていると、収入はその会社のみですから、クビになったりしたら収入は0です。ITフリーランスではそのリスクを限りなく0に近づけることも可能になるので、収入が毎月少しずつ変わりやすいという意味では不安定という言い方もできなくはないですが、収入が途絶えるリスクが相対的に低いので、その分安定しているという評価もできなくはないでしょう。