収入が得られる目処が立ってからIT業界でフリーランスに転身!

IT業界でフリーランスに転身するにしましても、今の時代は見切り発車で独立するものではないと思います。いや、約10年前に私が独立した時でさえ、「IT業界はもう見切り発車で独立できる時代じゃない」などと言われていたのですから、今の時代ならばなおのことですよ。

やはり1本は「ここから仕事を取れる!」と確約できるようなお得意さん(クライアント)がいないままでしたら、いくら技術があってもフリーランスで収入を得ていくのは難しいかなーと思います。

ですから私の場合は、会社に所属して仕事をしながらも、独立後に「太い客」となってくれるようなクライアント探しはしていましたね。

IT業界の場合、フリーランスで仕事を請け負っている人が多いですから、会社に所属している人にも「独立したらこっちの仕事も〜」という話も出たりするのですよね。私もちょくちょく声をかけられました。

そして、独立後にある程度収入が確保できる目処が立ってから退職をして、晴れてフリーランスとして仕事を請け負うこととなったのです。

ものすごくオーソドックスな独立までの道のりですが、まあわりと多くの人がこんな感じで、IT業界でフリーランスに転身するのだという印象ですね。私も然り。