フリーランスになった後に

以前勤めていた通信機メーカーのSEを経て、外資家のIT企業勤めていた自分が40代半ばになって、フリーランスなったことがありました。

約2年近くフリーでWebデザインやライター仕事をしていたのですが、次第に一線から感覚が失われてきて、仕事の進め方似おおきな壁が立ちはだかって来るのが、肌で感じたものでした、

やはり、組織に属している時と個人で仕事をしている時では、世間の情報量の入り具合が全く違うのです。

会社では働いている時は情報量が多く、取捨選択に四苦八苦していましたが、フリーランスだと新鮮な情報に飢えてくるのです。

そんなことからフリーランスでの仕事の新鮮さも失われてきて、結果的にIT企業に再々就職をしたのです。

フリーランスだと自己管理もしっかりとしなければなりませんし、仕事や収入の不安定が不安になってきます。

もしフリーランスで安定した収入を作ろうもお思うのなら、尖ったノウハウを持っておくことが大事です。